FC2ブログ
 
■プロフィール

ITC事務局

Author:ITC事務局
NPO法人いたみタウンセンターの事務局のブログです。
ホームページ⇒http://itami-tc.com/
ツイッター⇒⇒@itami_tc
Facebook⇒http://www.facebook.com/itamitc

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセス数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伊丹まちづくり大学「まちづくりへの熱い思い~伊丹のまちづくりに関わる市民の思いと行政の思い~
 12月15日(木)


 昨日は、 『伊丹まちづくり大学』 の最終講義でした。


 これまで大阪・田辺・姫路・守山のまちづくりに熱い講師の皆様から、

 まちへ対する思いや、まちづくりの面白さを教えて頂きました。



 さて、ラストを飾るのは・・・、


 伊丹まちづくり大学1215伊丹まちづくり大学1215
 伊丹市 都市活力部 副参事 綾野 昌幸氏 & NPO法人ITC理事 村上 有紀子氏

 伊丹を代表する2大スーパースターのお話を聞こうと、

 会場は超満員
 伊丹まちづくり大学1215
 急遽別の部屋から椅子を借りてきて、臨時席を設置。
  机無しの席だった皆様、ご協力ありがとうございました

 なんと、はるばる和歌山県から来てくださった方々も
 (お土産のみかんまで頂き、本当にありがとうございました

 
 最初は綾野さんのご講義
 伊丹まちづくり大学1215

 「バルの父」と呼ばれ、『伊丹まちなかバル』の発起人でもある綾野さんは、

 他にも様々なイベントを提案したり、運営したり、

 時には出演者となってお客様を盛り上げてくださいます

 世間で言うところの“行政マン”とは、どこかかけ離れている気のする綾野さん。

 そのアイディアやバイタリティーはどこから来るのか 

 じっくりまちづくりに対する思いを聴かせて頂きました
 

 綾野さんのお話から出てきたまちづくりキーワードは、

 「妄想」、「現場」、「協働」・・・そして、「Yes More」 
 

 普段、テレビを見ながら「これを伊丹でするなら・・・」といつも妄想されているそうで

 綾野さんの伊丹というまちへの思いを感じました。

 また、妄想するだけでは何も起きないわけで、そこから現場(まち)へ足を運び、

 その妄想から出来たアイディアをどんどん発信し仲間を集め、協働していく。

  「一緒にすることが大切」 という言葉が、

 とても私の心に響きました 

  
 そして、なぜか今回のまちづくり大学で大流行()中の「Yes」シリーズ

 山崎さんの「Yes And」
 
 松岡さんの「Yes Yes But」

 石上さんの「No But」に引き続き、


 綾野さんは・・・「Yes More」

 

 何か相談を受けて、「それ、いいね。」と思ったことには、

 「もっとこうしたら?じゃあもっと良くするために協力するよ!」という、

 「もっと」の気持ちを大切にされているそうです。

 今回もまた、名言を頂きました


 そして、伊丹のスーパー主婦、マダムMこと村上さんのご講義
 伊丹まちづくり大学1215

 2年前まで、普通の主婦だったマダムが、

 どうしてこんなにまちづくりに携わるようになったのか
  
 みんなが気になるその理由を含め、まちづくりに対する思いを、
 
 存分に語って頂きました


 まちあるきイベント『aruco』に参加したことをきっかけに、

 まちづくりへ携わるようになったマダム。

 『鳴く虫と修武館ジャズコンサート』『伊丹まちなかバル』『伊丹まちなか映像祭』・・・

 まちづくりに携われば携わるほど広がっていく、
 
 様々な人とのつながりの輪


 今回、マダムはパワーポイントを使って講義してくださったのですが、

 その際映し出されるスライドには、

 次々とマダムとつながった方々の写真が出てきます

 中には、この日会場へ来てくださった皆様のお顔もちらほら


 「私はまず相手を好きになる。

 苦手だなって思う人がいても、その人の良いところを探す。

 そうすれば、その人のことを嫌いになることはない。

 自分が相手を好きだという気持ちを持って接すれば、

 相手も自分を好きになってくれる。」




 マダムがおっしゃったこの言葉に、

 これだけたくさんの人とのつながりをつくっていけた秘密が

 詰まっていると思います 



 
 今回、綾野さんもマダムも、

 背伸びすることなく、いつも自分が行っていることを
 
 話してくださいました。

 
 そこには、来てくださった皆様へ、

 そして、今まで自分が知り合ってつながった仲間たちへの、

 感謝気遣いが感じられました。


 
 まちづくりは、絶対に1人では出来ません。


 今回のお2人の講義を聴いて、

 「ひと」と「ひと」のつながりが、

 「まち」をつくっていくんだということを、

 改めて実感しました。

 
  
 行政、主婦、商業者、財団法人、企業、先生、市議会議員、自治会、NPOなどなど・・・、

 昨日の講義だけでも、伊丹の様々な役割を持つ方々が集まりました。


 そんな人たちが、無理なくその力を発揮して、

 お互いのことを助け合い、何より楽しんでいけば、 

 まちはきっと、どんどん楽しい場所になるような気がします。




 
 「さ~て、来週のまちづくり大学は~(by.サ●エさん)」 

  
 待ってました!交流会です
 

 年末ということで、忘年会も兼ねて、

 これまでのまちづくり大学のお話や、これからの伊丹のまちづくりについて、

 熱くて楽しくて、時にはユルいお話をしながら、

 皆様と盛り上がれたらと思います
 
 お楽しみに


 最後になりましたが、

 お忙しい中お越し頂いた皆様、

 綾野さん、マダム、コーディネーターのS馬さん、

 本当にありがとうございました

 
    

 ブログランキングに参加しています
 それぞれクリックを、お願いします



 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 伊丹情報へ
にほんブログ村


 にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

 

 by.おがわ
   
スポンサーサイト


未分類 | 15:47:32 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
小川ちゃん
素敵にレポートしてくれてありがとう!
これからも一緒に頑張ろうね☆
2011-12-21 水 16:52:39 | URL | マダムM [編集]
 マダム

 こちらこそ、素晴らしいお話を聴かせて頂き、
 ありがとうございました。

 はい!これからも楽しく元気に頑張りましょう!

 今後ともよろしくお願い致します。
2011-12-21 水 17:20:04 | URL | ITCおがわ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。